本文へスキップ

カトリック大阪大司教区 姫路中ブロック カトリック姫路教会

カトリック姫路教会の活動

カトリック姫路教会では,以下の教会像を目指して,評議会をはじめ各チームによって活動しています.C:\Users\owner\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Low\Content.IE5\UZ51KKUJ\カトリック姫路教会2010[2].jpg

大阪教区が目指す5つの教会像

1.「谷間」に置かれた人々の心を生きる教会
2.「交わり」の教会
3.共同責任を担い合い,協働する教会
4.聖霊の導きを識別しながらともに歩む教会
5.司祭・修道者との協力を重視しながら,信徒の役割と責任(使命)を全面に出す教会



姫路地区宣教評議会の目標

姫路地区は,以下3ブロック,9小教区で構成されています.
中ブロック 姫路,仁豊野・生野(分教会),佐用,豊岡
西ブロック 飾磨,網干・たつの(分教会),相生,赤穂
東ブロック 加古川・西脇(分教会)  

本会は小教区の枠を越える地区に属する司祭,修道者,信徒が協力し,大阪大司教区の方針に則り,
聖霊の導きを祈りによって識別し地域の中で福音を証しするための共同責任を担います.
特に谷間に置かれた人々と連帯し,国籍,文化,言語,世代の違いを乗り越え
「神の国」を証しする信仰共同体の実現を目指します.

[姫路地区宣教評議会規約:評議会「目的・性格」抜粋]

カトリック姫路小教区評議会

共同宣教司牧担当司祭と共に,信徒代表1名,副代表2名,典礼,養成研修,教会学校,社会活動,高齢者・病者訪問,広報,宣教,結婚式,葬儀,行事,財務,営繕の各チームとベトナムコミュニティ,イングリッシュコミュニティ,聖母奉献姫路修道会より各々1名,合計18名の評議員で構成され,任期は2年です。評議会規約に基づいて毎月第2日曜日(8月は休み)10時のミサ後,小教区の運営,方針について話合って決定します。また,毎年5月に各チームの目標,決算収支報告と予算等を発表する信徒総会を開催し審議します。

「本会は,カトリック姫路教会が福音の精神に基づき,聖霊の導きを祈りによって識別し,司祭,修道者,信徒,また姫路地区と協力し,地域の中で神の国を証しするために活動することを目的にする。特に,谷間に置かれた人々と連帯し,国籍,文化,言語,世代の違いを受け入れ合う,開かれた信仰共同体の実現を目指します。」  
 (カトリック姫路小教区評議会規約,第2条)

カトリック姫路教会チーム活動


チーム 内容
典礼 日々の生活の感謝の頂点であると同時に,キリスト者としての証の原動力の泉となるミサ典礼を学び,企画し,準備します.
多くの信徒の行動的,意識的参加を目指して,役割分担を推進しています.「企画」「ミサ準備」「オルガン奏楽・歌」「お花」部門へのご協力も期待しています.第5日曜日の国際ミサでは特に国籍・民族・言語の違いを受け入れて豊かな典礼を実施しています.
養成研修
神の国の実現を目指し,一人前のキリスト者の育成のために活動しています. 具体的には,地区養成チームの活動と共働し,次世代を担う信徒の養成に力を尽くし,中ブロックで共働活動を実現するように努力しています.また,待降節と四旬節の黙想会の企画・運営をします.
教会学校 第1,3,4,5日曜日 ・・・9時からザビエル館9号室で活動しています.
第2日曜日 ・・・・・・・・休み
主日のミサ・・・・・・・・10時から大人と一緒のミサに参加し,侍者,奉納の仕事をします.
第1日曜日(子どものミサ)侍者,朗読,オルガン等の奉仕をします.
子どもだけのミサ・・・・・2〜3ヶ月に一度行ないます.
教会学校では,小学校1年生から6年生までを対象としています.また中高生の集まりもあります.勉強と遊びの中で聖書のみ言葉を通して父である神様を学んでいきます.保護者会を定期的に行ない,子どもたちに家庭で親から子へ信仰を伝えていけるよう手助けをしていきます.また,教会学校行事への協力をお願いします.初聖体は親子が一緒に学び合いができるよう計画し,教会と家庭で協力しながら準備に取組んでいきます.
 社会活動  「人権・正義・平和」を尊重することによって普遍的共通善を実践します.「谷間」に置かれている人々の心を生きる教会を目指しています.
 カトリック大阪大司教区社会活動センター・シナピスとの連携や姫路地区の路上生活者支援グループ「レインボー」への協力・支援を呼びかけます.また,上記目的達成のための講演会・学習会の企画・広報・署名活動(特に良心の囚人の釈放を要請するアムネスティ・インターナショナルのハガキ)などを行います.
 国内外の被災者のために救援募金を行い,また,団体や施設への小教区による年末支援金について評議会に分配案を提示します.古切手,インクカートリッジの回収等の皆さんのご協力も歓迎します.  
 高齢者・病者訪問     健康上の理由で教会へ行けない方々を自宅や病院・施設に訪問します.
日ごろの生活や教会の様子を話し合い,また,「聖書と典礼」を使いながら,共に祈り,聖体拝領をします.
 毎週木曜日 午後1:30より1ヶ所,または2ヶ所を担当司祭とチーム2名で訪問します.
チーム・ミーティングでは訪問の報告とスケジュールを調整し,「傾聴」,「話題,話し方」等を研修します. 
 広報 信徒間の触れ合い,相互理解,教会活動の報告等を目的とした広報紙「風」を発行し,毎月第1日曜日に信徒レターボックスに配布しています.(11回/年9月号は休み)
 宣教 宣教とは,キリストに出会った喜びを他者に伝えることです.洗礼によって主イエス・キリストと結ばれた私たちにとって,福音宣教は大切な務めであり,大きな喜びでもあります.初めて教会を訪れた人への受付や,掲示板・パンフレット・ホームページから教会の様子を知らせる案内を行い,一人でも多くの人にキリストを知ってもらうために活動しています.
 結婚式 教会での挙式は,信者又は信者でない方も挙げることができます.カトリック精神に基づいた豊かな結婚生活をしていただくために4回に渡って司祭と信徒による講座を受講していただいております.結婚後もクリスマスカード等の送付や楽しい集まりの会のお誘いをしております. 
 葬儀 キリスト者にとって葬儀は終わりではなく,むしろ神のもとに召された永遠の命を祝います.そのため,復活した主イエスに故人を委ねて祈りを捧げます.通夜・葬儀ミサ・斎場まで教会共同体は遺族や参列者と共に祈り,チーム員はミサの準備,司会,参列をします.なお,手続きについては「旅立ちの時」のパンフレットをお読みください.
 墓地管理委員会 納骨堂・カトリック墓地
教会信者全員(未信者の家族も含む)が使用できる設備です.納骨堂は聖堂の奥に,カトリック個人墓地・共同墓地は名古山霊園にあり,それぞれ使用料が必要です.詳細は事務所までお尋ねください.なお,追悼の祈りに関しては,事務所にお申し出ください.
 行事 評議会で決定された各種行事(クリスマス,復活祭,敬老の集い等)を企画・準備し,実行します.また,第5日曜日の国際ミサ後のふれあいと交流の場を手伝っています.
 財務  姫路教会を支える主な財源には,信徒からの貴重な献金だけでなく,施設利用料等の収入も含まれています.これらの収入と,それに伴う支出の管理を6名のチーム員で担当しています.日・月曜日に諸収入の整理とデータ入力を行います.
 営繕 教会の建物および重要備品の管理(定期的な点検・補修・更新),清掃企画(床面のワックス掛け等定期的メンテナンスの実施),園芸(樹木の管理・園芸植栽)を担当しています.教会掃除は専属の2名が毎朝行っていますが,奉仕として手伝える方は掃除当番表に記入してください.
 ベトナムコミュニティ 司祭指導のもと,信仰を深めると共に,情報交換や子どもの教育等を話し合い,相互扶助を目的とした会合を持ち,親交を図っています.教会では,子ども達が教会学校に参加し,一般信者は教会活動を行なっています.また,ベトナムと日本の信者が交流を通してお互いの理解を深めるための食事会は,双方が協力し料理や会場の準備を行なっています.教会の美化,清掃,花の手入れも積極的に行なっています.
 イングリッシュコミュニティ 英語圏の方々が積極的に英語ミサに参加し,お互いの信仰を深めるとともに,茶話会を通じて親睦を図る.英語圏の旅行者等の教会訪問に際して,応対し,情報交換に努める.





カトリック姫路教会

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68

TEL 079-222-0043
FAX 079-222-0093
email office@catholic-himeji.com